今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

医療者と一般の人の間には、医療リテラシー(医療に関する知識)に大きな差があります。

自分や家族が病気になった時、信頼できる医療情報にアクセスして医療リテラシーの差を埋めることが必要ですが、特に、がん医療は猛スピードで進歩しており、正しい情報を選択し理解することは患者さんにとって大変なことです。

医療情報はインターネットでも簡単に検索できるようになりましたが、専門的な知識がなければどの情報を信頼してよいか分かりません。日々のニュースでも、医療情報がセンセーショナルに取り扱われ戸惑うこともあります。

当フォーラムでは、どのようにしたら図書館が医療リテラシーの向上に貢献できるのか、また、そのためにはどのような情報選択や地域連携をしたらよいか、NPO、医療、メディアの専門家と一緒に考えます。ぜひ、ご参加ください。

2018年10月31日 (水)

13:00 - 14:30

展示会場内

企画・運営

  • NPO法人キャンサーリボンズ

登壇者

  • 講師 : パネリスト : 望月 眞弓 慶應義塾大学薬学部 教授、NPO法人キャンサーリボンズ理事
  • 講師 : パネリスト : 市川 衛 日本放送協会 科学・環境番組部 チーフディレクター
  • パネリスト : 田村 俊作 慶應義塾大学 名誉教授
  • ファシリテーター : 岡山 慶子 NPO法人キャンサーリボンズ 副理事長
  • ファシリテーター : 小林 隆志 鳥取県立図書館 支援協力課 課長、NPO法人キャンサーリボンズ委員

申し込み・問い合せ先

NPO法人キャンサーリボンズ 事務局

ribbonz@ellesnet.co.jp

webサイト

https://pro.form-mailer.jp/fms/7f5b8b95154604