今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

リッチコンテンツから、ベストセラー、ラノベ、洋書まで~多様なコンテンツを多様なライセンスで!

TRCが電子図書館事業を始めて7年、当初は1万タイトル未満だったコンテンツも6万タイトルを超えました。

人気の小説、動く絵本やオーディオコンテンツも増え、より充実してきたLibrariE&TRC-DL。

今回はコンテンツ収集担当が、ぜひ利用していただきたいコンテンツや新しいタイトル、今後の収集の見通しについてお話しします。

2018年11月01日 (木)

10:00 - 11:30

第2会場

登壇者

  • 太田修 (株式会社日本電子図書館サービス 代表取締役専務)
  • 福原弘之 (株式会社モバイルブック・ジェーピー プラットフォーム事業本部 出版営業開発部 部長)
  • Thomas Mercer(トーマス・マーサ) (ビブリオテカ社 デジタルビジネス・役員)
  • 薄井弘之 (ビブリオテカ・ジャパン株式会社 代表取締役)
  • 司会 : 矢口勝彦 株式会社図書館流通センター

申し込み・問い合せ先

株式会社図書館流通センターホームページよりお申し込みください。

webサイト

https://www.trc.co.jp/sogoten2018/forum.html