本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

『走れ!移動図書館』

 東日本大震災の復興支援にて,当時・シャンティ国際ボランティア会の鎌倉幸子氏が2014年に筑摩書房(ちくまプリマ―新書)から刊行した図書のタイトルである。図書館を届けたこうした活動は,まさに移動図書館活動の再評価に結びつく。1997年以降,移動図書館車の台数は急激に減少し続けていたが,近年はゆるやかな減少に留まっている。

「これが公共図書館だ!」

 1967年10月の『図書館雑誌』特集のタイトルである。1965年9月,日野市立図書館が1台の移動図書館「ひまわり号」から「開館」した。

 このように移動図書館車の装備や活動内容は,まさに図書館の理念を体現している。本フォーラムでは,移動図書館活動の過去をしっかりと見つめ直し,現在の活動を再評価したうえで,移動図書館の未来を展望する。移動図書館の過去,現在,未来へのバトンをつなぐため,さまざまな立場からのパネリストをお招きし,課題と展望を共有し,ともに移動図書館を育んでいきたい。

 

 

2018年11月01日 (木)

10:00 - 11:30

第4会場

登壇者

  • パネリスト : 梅澤幸平 元・滋賀県立図書館 館長
  • パネリスト : 中山真一 横浜市中央図書館サービス課 課長
  • パネリスト : 下吹越かおる 指宿市立指宿図書館 館長
  • パネリスト : 林田理花 株式会社林田製作所 取締役
  • 司会コーディネーター : 石川敬史 十文字学園女子大学 准教授