本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

必見! クリエーティブ集団 ライゾマティクスが創るメディアアートの世界 新たなビックデータの活用例を提示!

本フォーラムでは、自治体のビッグデータをメディアアートとして再現した、今月オープンした札幌市図書・情報館でのプロジェクトを紹介します。

◆主な進行の流れ(予定)

①札幌市図書・情報館のご紹介

・淺野館長より、10月6日にオープンした、図書・情報館のご紹介。素晴らしい図書館です! ちょっとびっくり・・・ずっと居たくなる・・そんな気分にしてくれます。

②今回のプロジェクトのご紹介

・図書・情報館オープンに際し、知的で創造的な空間を創りたい! という思いからスタートしましたが・・・、その後の紆余曲折をご紹介します。参考になりますよ!

③自治体ビッグデータ・図書館データの活用手法の紹介

・ビッグデータといっても、何に使うが明確じゃないと・・。どのようにデータを整備するか・・思い知らせれたプロジェクトでした。 これも参考になりますよ!

④ビッグデータとグラフィックスの融合とは?

・これぞ必見! 札幌市の成長が体感できます! キーワードは札幌オリンピックだったのです!

新館やリニューアルで悩んでいる方必見! また、ビッグデータの活用で悩んでいる方、いろいろなヒントが満載です!

2018年11月01日 (木)

15:30 - 17:00

第4会場

主催

ブース出展

登壇者