今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)は、文部科学省による平成29年度私立大学研究ブランディング事業に採択された、本学の所蔵する東アジア関係資料のデジタルアーカイブ構築とそれを通じた研究プロジェクトです。

本フォーラムでは、KU-ORCASと同様に、東アジア関係資料のデジタルアーカイブの構築を行っている東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)と、アメリカのプリンストン大学東アジア図書館から担当者をお招きし、「東アジア図書館とデジタルアーカイブ」というタイトルのもと、各館のデジタルアーカイブ構築の取り組みとその意義について議論をします。

日本の図書館の中には、東アジアに関する貴重な資料を所蔵しているとこもありますが、それらが有効に活用されているとは限りません。そこで、本フォーラムを通じて、日本を含めた東アジアという地域に関する資料の利用と、デジタルアーカイブによる国を越えた発信について考えてみませんか。

参加をお申込みの際は、右記「申し込み・問い合せ先」記載のウェブフォームからお願いいたします。

2018年11月01日 (木)

15:30 - 17:00

第6会場

共催

  • 東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)

登壇者

  • 報告全体進行 : 菊池信彦 関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)特命准教授
  • 報告特別ゲスト : 永井正勝 特任准教授(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)副部門長)
  • 報告特別ゲスト : Martin Heijdra Director, Princeton University East Asian Library

申し込み・問い合せ先

webサイト

https://goo.gl/forms/dd2cV5bdZx8uUnCO2

facebook

https://www.facebook.com/kuorcas/