関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)は、文部科学省による平成29年度私立大学研究ブランディング事業に採択された、本学の所蔵する東アジア関係資料のデジタルアーカイブ構築とそれを通じた研究プロジェクトです。

本フォーラムでは、KU-ORCASと同様に、東アジア関係資料のデジタルアーカイブの構築を行っている東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)と、アメリカのプリンストン大学東アジア図書館から担当者をお招きし、「東アジア図書館とデジタルアーカイブ」というタイトルのもと、各館のデジタルアーカイブ構築の取り組みとその意義について議論をします。

日本の図書館に所蔵されている資料は、ただ日本に関する資料だけではありません。

本フォーラムを通じて、日本を含めた東アジアという地域に関する資料の利用と、デジタルアーカイブによる国を越えた発信について考えてみませんか。

2018年11月01日 (木)

15:30 - 17:00

第6会場

共催

  • 東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)

登壇者

  • 報告全体進行 : 菊池信彦 関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)特命准教授
  • 報告特別ゲスト : 永井正勝 特任准教授(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)副部門長)
  • 報告特別ゲスト : Martin Heijdra Director, East Asian Library

申し込み・問い合せ先

facebook

https://www.facebook.com/kuorcas/