今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

【フォーラム概要】

限られた書架スペース・書庫スペースに対し、一方で年々増加する蔵書数

学びを広げ深める目的である図書館空間を、有効活用されていますか?

また、蔵書の増加に伴い増える「保管・管理に要する手間や時間」

司書・職員に対する業務負担は増すばかりです。

「働き方改革」が社会的に求められている中、

司書・職員の業務効率化への取り組みは十分にできておりますか?

本フォーラムでは、『新たな学修空間』というコンセプトに基づき、2017年3月に竣工された八王子キャンパス図書館・新2号館建設にあたり工学院大学が取り組んだ事例と、取組みによって生じた効果や付加価値についてご紹介します。

また、『新たな学修空間』のコンセプトの実現に必要不可欠な「外部倉庫の活用」により、大学図書館の最前線で働かれている、司書・職員の方々の業務がどのように変化したかにつきましても、ご紹介します。

文書管理ソリューションのプロフェッショナルである寺田倉庫を、「外部の一図書館」としてご活用いただくことによって生じるメリットについて、単なるスペースの提供にとどまらない、図書館に関わる職員の方々に波及する効果について、具体的に知っていただく機会となれば幸甚です。

 

【お申込み方法】

定員となりましたので、受付を終了させていただきました。

ありがとうございました。

 

※個人情報保護方針および個人情報の取り扱いにつきましては以下ご参照ください。

 個人情報保護方針

 https://www.terrada.co.jp/ja/privacy/

 個人情報の取り扱いについて

 https://www.terrada.co.jp/ja/privacy/handling.html

ファイル

PDF icon 大学ソリューション事例_20181002.pdf

2018年11月01日 (木)

10:00 - 11:30

第7会場

登壇者

申し込み・問い合せ先

寺田倉庫 ドキュメントソリューショングループ 矢野、志村

doc.contact@terrada.co.jp