今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

図書館建設のための財源調達法

現在、図書館を中心とした地域活性化を検討している自治体が増えています。しかし、資金調達はどうするのか。

一般社団法人日本カルチャーデザイン研究所(JCDLab)では、全国の自治体が悩み、情報収集をする交付金などの資金調達についてのご相談をお受けし、独自の調査を元に、「社会資本整備交付金」(国土交通省)「SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業」等をはじめとする様々な交付金の申請、調達をご提案しております。

今回のフォーラムでは、資金調達に成功した図書館、担当省庁担当者をお招きし、具体的な事例や助言をご紹介頂きます。

ファシリテーターには、糸賀雅児(慶應義塾大学名誉教授)氏をお迎えし、鋭く、わかりやすく、資金調達について、学ぶ場とします。

 

※ご参加者様につきましては、フォーラム参加費 1,000円 を当日の受付の際に承ります。

※10月17日現在、本フォーラムは定員数に達したためお申込みを中止させていただいております。

2018年11月01日 (木)

13:00 - 14:30

第7会場

登壇者

申し込み・問い合せ先

info@jcdlab.com