今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

参加者と作り上げる《図書館とアーキビストのための資料保存セミナー》 とは?
資料保存は図書館・アーカイブズ双方の基礎ですが、これまで日本のアーキビストには「図書館総合展」のように多くの人が集まる場がありませんでした。そこで、今回、図書館員とアーキビストが一緒に資料保存について学び、意見交換する企画を考えました。それが、この出席者参加型 《図書館とアーキビストのための資料保存セミナー》 です。

初回は資料保存コンサルタントの安江先生東京大学大学院経済学研究科 講師の小島先生を講師に迎え、講演・意見交換会と実演会を催します。
【理論編】では、事前アンケートの回答を基に講師が講演し、参加者との意見交換会を行います。

【実践編】では、資料保存関連業者3社が資料保存の実演体験会を行います。(11/1(木)13:30~スピーカーズコーナーAにて開催)

 ■「ブックキーパーによる酸性紙の脱酸性化処理とpHの測定」

     /㈱プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパン

 ■「革製本の保存方法の様々」/フィルムルックス㈱

 ■「資料のデジタル化の基礎」/㈱国際マイクロ写真工業社

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

ファイル

PDF icon 申込み用アンケート.pdf

2018年11月01日 (木)

10:00 - 11:30

第8会場

登壇者

  • 講師 : 安江明夫 資料保存コンサルタント
  • 講師 : 小島浩之 東京大学大学院経済学研究科講師

申し込み・問い合せ先

図書館員とアーキビストのためのセミナー実行委員会

(左記、PDFデータをダウンロードしていただきアンケートにご記入の上、下記メールアドレスにお申し込みください)

e@kmsym.com