本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

これまでの読書推進とは異なる新しい方法で読書活動を支援するためのカードセット「Life with Reading-読書の秘訣カード」の、学校や図書館での活用事例とともに、国際学会での発表とその反響について報告します。

昨年度のフォーラムで発表したプロトタイプがご好評いただき、その後、完成版を有隣堂で商品化いたしました。

【「Life with Reading-読書の秘訣カード」とは】

慶應義塾大学井庭崇研究室と有隣堂との共同研究により開発されたもので、読書の体験やコツ、楽しさを容易に伝えられ、共有することが可能になる27種の言葉が収録されています。

それぞれのカードにはどのような状況のときに、どういう問題が生じやすく、どうすると解決できるのかといった秘訣と、それを表す言葉(タイトル)が記載されています。

これらは、人が個人的に培ってきた経験則や暗黙のノウハウを誰もが共有できるように言語化する手法「パターン・ランゲージ」に基づいて作られており、さまざまな場面で読書に関する発想やコミュニケーションを促す有効な手段として大きな期待が寄せられています。

「Life with Reading-読書の秘訣カード」は有隣堂の一部の店頭およびWebサイトで販売しています。 http://www.yurindo.co.jp/storeguide/62783

2018年11月01日 (木)

15:30 - 17:00

第8会場

主催

ブース出展

あり

登壇者