今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

※本フォーラムは申込み定員に達しました(10月11日)※

プログラム(仮):

10:00-10:20
・基調報告「著作権法35条改正に係る補償金・ライセンスに関する検討の進捗状況」(報告者:瀬尾太一)

10:20-11:10
・パネルディスカッション「第35条改正は大学図書館をどう変えるか」(パネリスト:吉田大輔、瀬尾太一、森一郎 コーディネーター:土屋俊)

11:10-11:25
・フロアからの質疑応答

登壇者

  • パネリスト報告 : 瀬尾太一 公益社団法人日本複製権センター代表理事・副理事長
  • パネリスト : 吉田 大輔 公益社団法人著作権情報センター客員研究員
  • パネリスト : 森 一郎 東京大学附属図書館総務課長
  • コーディネーター : 土屋 俊 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構特任教授

申し込み・問い合せ先

大学図書館著作権検討委員会事務局

※本フォーラムは申込み定員に達しました。

※キャンセルの状況次第で申込みを再開する可能性があります。

kokkoshi.chosakuken@gmail.com