本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

図書館・コミュニティから始める学びのリデザイン

ラーニングコモンズとアクティブラーニングのこれまでを振り返り、次世代の図書館に求められる新しい学び(合い)について、第一線で活躍中の講師によるトークをもとに、新しいモデルのデザインを一緒に考えていきましょう!

【プログラム】

1. 開会挨拶・趣旨説明

2. プレゼンテーション

 協賛企業:株式会社内田洋行 株式会社オカムラ 金剛株式会社(五十音順)

3. 講演(1)「ラーニングコモンズのこれまでとこれから」

 講師:小山憲司(中央大学文学部教授)

4. 講演(2)「図書館=コモンズにおけるアクティブラーニングのこれから」

 講師:上岡真紀子(帝京大学学修・研究支援センター専任講師)

5. コメント&ディスカッション

 コメンテーター:米澤誠(京都大学附属図書館事務部長)

 コーディネーター:岡部晋典(愛知淑徳大学人間情報学部専任講師)

6. 閉会挨拶・事務連絡

 司会:野末俊比古(青山学院大学教育人間科学部教授)

(敬称略)

─────────

追記(2018.12.26, 12.28)

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

講演のスライドを共有いたします。下記ファイルをご覧ください。(小山先生:koyama.pdf、上岡先生:ueoka.pdf)

また、イマキク(imakiku.com)にて受け付けました会場からの投稿についても共有いたします。下記ファイルをご覧ください(imakiku_AF_forum.pdf)。当日はすべてのコメントを取り上げることはできませんでしたが、ご容赦くださいませ。

ファイル

PDF icon koyama.pdfPDF icon ueoka.pdfPDF icon imakiku_AL_formu.pdf

2018年11月01日 (木)

10:30 - 12:00

展示会場内

登壇者

  • 講師 : 小山憲司 中央大学文学部教授
  • 講師 : 上岡真紀子 帝京大学学修・研究支援センター専任講師
  • コメンテーター : 米澤誠 京都大学附属図書館事務部長
  • コーディネーター : 岡部晋典 愛知淑徳大学人間情報学部専任講師
  • 司会 : 野末俊比古 青山学院大学教育人間科学部教授