本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

図書館の明日を考えるとき、本が生まれる場である出版界のことを意識から外すことはできません。一方、出版の明日を考えるときも、図書館のことを意識から外すことはできない、そうしたセンスから日本書籍出版協会主催のこのフォーラムがもたれています。そして、双方にかかる “読書の未来”を語るに最もふさわしいスピーカーとして書協理事長である相賀昌宏さんに立っていただきました。何故、彼なのか、本フォーラムの司会をつとめる成瀬雅人さんにお話をいただきました。

         ***

 たいへんな読書家として知られる小学館の相賀社長は、出版界の最大のミッションのひとつに「身体的、社会的弱者にも平等に読書の機会を提供すること」を掲げています。書店のない地域が増えつづける状況下、図書館に求められる役割は増すばかり。今回のフォーラムでは、すべての人々が読書の機会に恵まれるために、出版界と図書館界が協力する必要性を訴えます。また講演当日は奇しくも今年制定された「本の日」にあたります。「本の日」支援者として、「本屋へ行こう」キャンペーンの意味を語ります。出版界のリーダーが読書についてまとまった時間を使って話す貴重な機会をお聞き逃しなく!(文責・原書房 成瀬)

2018年11月01日 (木)

13:00 - 14:30

展示会場内

登壇者

  • 基調講演 : 相賀昌宏 日本書籍出版協会理事長/株式会社小学館代表取締役社長
  • 司会 : 成瀬雅人 日本書籍出版協会副理事長 図書館委員会委員長/株式会社原書房代表取締役社長