今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

子どもたちや教職員に沢山の本と出会い図書館を活用してもらうために、 学校図書館では、本をどのように展示し、利用者にどう「魅せる」かが重要な業務の一つとなっています。 本フォーラムでは、様々なテーマ展示の事例をご紹介するとともに、当委員会委員によるパネルディスカッションを行います。

 

【プログラム(予定)】

・図書館サービス向上委員会ご紹介

 図書館サービス向上委員会『りぶしる』は、共通の課題を持つ図書館同士をつなげ、 お互いの情報共有と課題解決への情報提供等の支援を行うことを目的に、全国の図書館有識者や研究者からなる実行委員会です。

 

・テーマ展示の事例紹介

 京都府立久美浜高等学校の取り組み事例より

 

・パネルディスカッション

 全国様々な図書館の事例からテーマ展示を中心として

登壇者

  • ファシリテーター : 山崎 博樹 図書館サービス向上委員会 委員長
  • パネリスト : 神代 浩 文部科学省
  • パネリスト : 中山 美由紀 立教大学兼任講師
  • 事例紹介 : 伊達 深雪 京都府立久美浜高等学校兼京都府立丹後緑風高等学校 学校図書館司書