今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

子どもたちや教職員に沢山の本と出会い図書館を活用してもらうために、 学校図書館では、本をどのように展示し、利用者にどう「魅せる」かが重要な業務の一つとなっています。 本フォーラムでは、様々なテーマ展示の事例をご紹介するとともに、当委員会委員によるパネルディスカッションを行います。

 

【プログラム(予定)】

・図書館サービス向上委員会ご紹介

 図書館サービス向上委員会『りぶしる』は、共通の課題を持つ図書館同士をつなげ、 お互いの情報共有と課題解決への情報提供等の支援を行うことを目的に、全国の図書館有識者や研究者からなる実行委員会です。

 

・テーマ展示の事例紹介

 京都府立久美浜高等学校の取り組み事例より

 

・パネルディスカッション

 全国様々な図書館の事例からテーマ展示を中心として

登壇者

  • ファシリテーター : 山崎 博樹 図書館サービス向上委員会 委員長
  • パネリスト : 神代 浩 文部科学省
  • パネリスト : 中山 美由紀 立教大学兼任講師
  • 事例紹介 : 伊達 深雪 京都府立久美浜高等学校兼京都府立丹後緑風高等学校 学校図書館司書