今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

 国立国会図書館では2010年に国立国会図書館サーチを公開し、2015年に「国立国会図書館サーチ連携拡張に係る実施計画」を定め、様々な機関と連携してきました。 
 一方、最近では、国の分野統合ポータルであるジャパンサーチが公開され、オープンデータの推進の中でメタデータの利活用のためのライセンス表示が推奨されているなど、国立国会図書館サーチをとりまく状況は大きく変化しています。
 本フォーラムでは、国立国会図書館サーチの書籍等分野・図書館領域のつなぎ役としての役割について説明します。ついで、宮城県図書館、慶應義塾大学メディアセンター、三重県立図書館の担当者から、国立国会図書館サーチとのデジタルアーカイブ連携や県域総合目録構築の取組についてご紹介いただき、さらに、これからの国立国会図書館サーチとの連携のあり方について、パネルディスカッションを行います。

2019年11月12日 (火)

15:30 - 17:00

第1会場

登壇者

  • 報告 : 川瀬直人 国立国会図書館電子情報部電子情報サービス課主査
  • 報告 : 日野文都 宮城県図書館企画管理部企画協力班主任主査
  • 報告 : 稲木 竜 慶應義塾大学メディアセンター本部電子情報環境担当
  • 報告 : 垣内志織 三重県立図書館企画総務課主任
  • モデレーター : 原田隆史 同志社大学教授/国立国会図書館非常勤調査員
  • 閉会挨拶 : 佐藤毅彦 国立国会図書館電子情報部長
  • 司会 : 小澤弘太 国立国会図書館電子情報部電子情報サービス課課長補佐

申し込み・問い合せ先

国立国会図書館 総務部総務課広報係

webサイト

https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/lff2019.html

twitter

https://twitter.com/NDLJP