本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

コミュニケーションの幅を広げるための手法として

 2018年9月に学校図書館プロジェクトSLiiiCでは,サマー・ワーク・キャンプ2018(SWC2018)において,小劇場を使用した学校図書館の研修を行った。今回はその成果を活かし,SWC2018で上演された学校図書館を舞台とした演劇作品「新涼灯火の司書物語。」の記録映像を上映した上で,コミュニケーションやパフォーマンスを行うための力を図書館関係者がどう伸ばすか,演劇という手法で何ができるのか,その可能性を探ってみたい。

2019年11月14日 (木)

10:00 - 11:30

第7会場

登壇者

  • コーディネーター : 今井福司 白百合女子大学基礎教育センター
  • スピーカー : 横山寿美代 杉並区立沓掛小学校学校司書
  • スピーカー : なにわえわみ 劇団フェリーちゃん主宰
  • スピーカー : 髙井陽 新宿区立こども図書館

申し込み・問い合せ先

今井福司

(申し込みはこのウェブページの申込機能をお使い下さい)

fukuji@shirayuri.ac.jp