これからのレファレンスサービスのために

この度、大串夏身氏の名著『ある図書館相談係の日記―都立中央図書館相談係の記録―』(1993)が大幅に増補して復刊されることとなりました。刊行を記念して、著者の大串夏身氏と、復刊企画者のレファレンサー(国立国会図書館勤務)のトークショーを行います。底本の成立に関するエピソードを交えつつ、図書館におけるレファレンスの実際や、レファレンスと貸出の関係性、そして図書館サービスにおけるレファレンスの位置づけなど、これまでとこれからの「レファレンスと図書館」について語っていただきます。司会はライター・編集者の南陀楼綾繁氏。

※会場にて、新刊を先行発売いたします。

2019年11月14日 (木)

15:30 - 17:00

第7会場

登壇者