今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

法図連初出展!レファレンス・サービスや利用者対応に役立つ法情報の知識を伝授します!

一見難しそうな法情報ですが、最低限の知識と手法を身に着けるだけでも相当ハードルが下がり、利用者への対応も安心してできるようになります。
本フォーラムでは、そのための法情報サービス提供のあり方や法情報リサーチに必要な処方箋を提供します。

【プログラム】

●講演

「法情報サービス提供と図書館(員)」

岩隈道洋(中央大学国際情報学部教授)

●講座

「レファレンス・サービス、利用者対応に必須の法情報(リサーチ)の基礎」

(1)法令編 鈴木 敦(中央大学図書館)

(2)判例編 藤井康子(平成国際大学)

 

2019年11月12日 (火)

15:30 - 17:00

第6会場

後援

  • ロー・ライブラリアン研究会

協力

  • TKC
  • 第一法規株式会社
  • ウエストロー・ジャパン
  • LIC
  • 判例時報社
  • 極東書店
  • 三浦書店
  • 高木洋書店

登壇者

申し込み・問い合せ先

成城大学法学資料室 金澤敬子

k-kanazawa@seijo.jp