今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

2015年9月19日 (土)

地域・団体・企業などで「ゆるきゃら」がたくさん生まれています。皆さんの図書館でもブーム以前から、またブームに乗って、キャラクターがおられるかもしれません。あまりに“ゆるすぎる”ものが多いので苦々しく感じておられる方も少なくないのではないでしょうか。「うちのキャラクターはそんなじゃない」と。

「働き方は、ゆるくはないぞ!図書館キャラクター」

このたび、全国の頑張っている図書館キャラクターを顕彰しようという趣旨で、本グランプリを開催することとしました。

■募集部門・応募資格

〔見た目で勝負部門〕
「かわいい」「かっこいい」「知的にみえる」など、とにかく見た目が入館者をひきつけるキャラクターを讃える部門です。

〔館の働き者部門〕
「館内のマナーをよくした」「レファレンス・カウンターを繁盛させた」など、図書館内でめざましく機能を発揮しているキャラクターを讃える部門です。

〔図書館サポート部門〕
図書館の所属ではないが、図書館界に貢献しているキャラクターを讃える部門です。

◇資格
・公認、非公認は問いませんが、応募する機関・団体のオリジナルキャラクターであること。
・第三者の知的所有権などの権利を侵害していないこと。
・webサイト、印刷物に転載、印刷されることが可能なキャラクターであること(必要なクレジットは記載します)
・「現役で活動しているキャラクター」であること。
・1つのキャラクターにつき1部門しか応募できません。
・2次元、3次元であることを問いません(「3次元のほうがお金がかかってそうだから有利」等はありません)。

■応募方法・募集締切

◇応募書類
・A4タテ×3枚
 ・1p目:
   ・応募機関: 名称・所在地・webサイトURL
   ・担当者: 名前・メールアドレス・電話番号
   ・応募部門: 「見た目で勝負」「館の働き者」「図書館サポート」から選択
   ・キャラクター名:
   ・キャラクターの紹介ページなど:twitterアカウント、facebookページ、ブログ、動画リンクなど
 ・2p目:キャラクターの写真あるいは画像: ※画像掲載に必要なクレジットを付して下さい。
 ・3p目:キャラクターPRページ: キャラ設定、実績、功績など(フリー記述)
・形式:MSWord、MSPowerpoint、PDF。

◇応募締切

・2015年10月9日(金) 必着

■審査方法および賞

・会期中、展示会場にキャラクタ―情報の一覧を展示し、来場者による投票を受付けます。
・会期中、展示会場にて、応募担当者またはキャラクター本人によるプレゼンテーションタイムを設けます。
・来場者投票に審査員票(各員票は来場者票の20票分)を加え、各部門のグランプリを決定します。
・グランプリのほか、審査委員会賞、協賛企業賞を設けます。
・授賞結果は、会期最終日(11月12日)に、展示会場、図書館総合展webサイト上で発表、また応募者全員にご連絡します。
・各授賞者は、図書館総合展webサイト等で掲示するほか、記念品、賞状を授与します。

■応募先/問合わせ先・
図書館総合展運営委員会
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町10-10
担当/問合せ先:長沖
LF@j-c-c.co.jp
tel:03-3357-1462
fax:03-3357-2814