2015年9月22日 (火)

9月19日(土)、富山国際会議場にて「図書館総合展2015 フォーラム in 富山」が開催されました。
http://www.libraryfair.jp/news/3028

来場者は、第一部150名、第2部600名、第3部180名。大型連休中にもかかわらず、来場者の皆さま、登壇者の方々、協賛各社、共催いただいた富山市教育委員会・市立図書館に多くご参加いただきましたこと、御礼申し上げます。

富山市立図書館をはじめ北陸三県の図書館からの報告、また「地域資料の活用とデジタルアーカイブ」をテーマにしたパネル討論には、全国から集まった図書館関係者にも新たな気づきがあったのではと思います。

富山市立図書館本館開館、富山市合併10周年を記念して行われた山本一力さんの講演「学び続けること ― 本をとおして、土地をとおして」は、山本さんが富山で目にした人々の暮らしぶりを織り交ぜつつ、学ぶこと、教えることの大切さを説くものでした。「図書館は何において世の中で際立った存在であるか」というお話は、図書館員を勇気づけてやまないものでした。ぜひ皆さんに聞いていただきたいものです。

●当日のツイッターでの投稿をまとめました。  
#図書館総合展 2015 フォーラムin富山(Togetter)
http://togetter.com/li/874032

●フォーラムの様子はこちらから
第1部:http://www.libraryfair.jp/news/3345
第2部:http://www.libraryfair.jp/news/3404
第3部:https://youtu.be/C4enpR7eQe0