今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

2018年10月03日 (水)

『障害のある人たちに向けた LLマンガへの招待――はたして「マンガはわかりやすい」のか』
吉村 和真・藤澤 和子・都留 泰作 編著

 

 

[トークイベント]

障害のある人たちに向けたLL(やさしく読める)マンガへの招待 
―― はたして「マンガはわかりやすい」のか

 

日時:
10月31日  10:30~12:30〈スピーカーズコーナーA会場〉

講師:
吉村和真(京都精華大学教授)・藤澤和子(大和大学教授)

内容:
「LLブック」と呼ばれる,知的障害や自閉症などにより読むことが苦手な人たちでも読める本が,北欧で生まれました。LLとはスウェーデン語のLättläst の略語で,「やさしく読める」という意味です。日本でもようやくその名が知られてきましたが,そのマンガ版となる「LLマンガをつくってみよう!」との動機から,LLブック研究者・マンガ家・大学教員・マンガ研究者・編集者によって,LLマンガ研究会が発足しました。LLマンガ「赤いハイヒール」「はだか男」が完成するまでの研究活動や試行錯誤の様子,出版に至るまでのエピソードを存分に語ります。

 

お申し込み・お問い合わせはこちらから。

株式会社 樹村房
http://www.jusonbo.co.jp/