申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

2019年4月12日 (金)

2019年第2回目の地域フォーラムを、札幌市で開催します。
昨年10月、まったく新しいコンセプトで誕生したオンリーワンライブラリー『札幌市図書・情報館
わずか1,500㎡の図書館に年間100万人が訪れるほど、またたく間に大人気となっています。
最近、図書館関係の雑誌でも話題になってますよね。

本は貸さない、座席は予約制、会話も飲食も可能、小説や絵本はなく、配架も日本十進分類法を用いない等々、
図書館員には「なぜ?」がいっぱい詰まった場所。
でも、そこには聞けば納得!の理由があるのです。
それを謎解きしつつ、夏のさわやかな札幌で新しい図書館像を体験してみませんか?

当日はその立ち上げ秘話から現在、将来についてのお話に加え、道内の図書館の様々な取組みについても学びます。
新しい図書館の建設を予定されている館の方はもちろん、
ビジネス支援を検討している館の方、課題解決型図書館を見てみたい方、再開発ビルに入る予定の図書館の方...
「とにかく新しい図書館のかたちを見てみたい!」という方々に絶対のおすすめです。

館長による館内ツアーや本棚をつくった司書と語り合いながらの閉館後の特別見学会、
北海道大学附属図書館、北海道立図書館、市立小樽図書館など、近郊図書館の見学会も予定しています。
ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
(夏の札幌は人気の観光シーズン。ホテルが高騰しますので、ぜひお早めに)

浅野 隆夫(札幌市図書・情報館)

 

*このページ最下のWEBフォームよりお申込み下さい。
 

【注】------------------------------------------------------------------------

図書館総合展フォーラムの参加のお申し込みをされるには、アカウントの取得が必要です〈無料〉。アカウントをまだ取得されていない方は、こちらから手続きを行ってください。
https://www.libraryfair.jp/forum

 ----------------------------------------------------------------------------------

図書館総合展2019 フォーラム in 札幌

基本情報 

  • 日時:2019年7月6日(土)13:00~17:45(12:30 受付開始) =フォーラム開催
      ※当日、札幌市図書・情報館の見学ツアーを行います。
      ※当日フォーラム終了後、会場内での懇親会を予定しています。
      ※翌7月7日、当地の皆さんによる「北海道図書館研究会」が行われます。*満席により受付を終了しました。
  • 会場:札幌市図書・情報館(札幌市中央区北1条西1丁目)
      ※会場までのアクセス情報はこちらをどうぞ。
      ※会場についての問い合わせは図書館総合展事務局まで 電話 03-3357-1462 、LF@j-c-c.co.jp
  • 対象者:図書館関係者および地方自治体関係者など。一般の方々の参加も歓迎いたします。
  • 費用:無料  
  • 主催:図書館総合展運営委員会
  • 共催:札幌市教育委員会
  • 後援:文部科学省/北海道図書館振興協議会/日本図書館協会(公社)全国学校図書館協議会専門図書館協議会図書館振興財団
  • 協力:北海道大学附属図書館(予定)
  • 協賛:アカデミック・リソース・ガイド(株)/朝日新聞社/(株)カーリル/キハラ(株)/金剛(株)/(株)タックポート/  (株)図書館流通センター/ ビブリオテカ・ジャパン(株)/(株)ブレインテック/読売新聞東京本社  (順不同) 

お申込み

*このページ最下のWEBフォームよりお申込み下さい。
※お申し込みをされるにはアカウントの取得が必要です〈無料〉。アカウントをまだ取得されていない方は、              こちらから手続きを行ってください。

 

フォーラム内容 7月6日(土)13:00 - 17:45 (12:30 受付開始)

        [第1部]報告:「札幌市図書・情報館」に学ぶ新しい図書館の方向性

「はたらくをらくにする」をコンセプトに、課題解決型図書館として昨年10月に開業した札幌市図書・情報館。先進のICTを駆使しつつ、司書の能力を最大限に引き出し、読者の気持ちに寄り添うユニークな本棚を構成。あえて本を貸し出さない都市中心部のビジネス支援図書館に、新しいまちづくりの方向性を学ぶ。

           ◇淺野 隆夫氏(札幌市図書・情報館 館長)

*淺のさんはこんなひと!  https://bit.ly/2Wq5FVo
 

   [第2部]「協賛社プレゼンテーション」

 

   [第3部]パネルセッション:「その先の、道へ。北海道の図書館」

図書館界の様々な課題解決に向け、北海道内のいろいろな事例を参考に解決への道を探る。

   ◇伊藤 信彦氏(北海道立図書館)

   ◇鈴木 浩一氏(市立小樽図書館 館長) 

   ◇深村 清美氏(滝川市立図書館事業推進係長 司書)

   ◇司会:神代 浩氏(文部科学省大臣官房付)

       

特別見学会 18:05 -18:55

フォーラムの後、閉館後の図書・情報館をゆっくりご覧いただける、参加者だけの特別見学会を行ないます。実際に本棚を作った司書の方ともお話ししていただける貴重な機会です。ぜひご参加ください。参加費無料。

《朗報》図書館帖方面のみなさま、スタンプ好きのみなさまへ当夜限定記念サービス

 特別見学会に参加のみなさまには、淺野館長が「印」をもってお待ちしております。(公印(?)につきどこでもいつでも押せるというわけにゆかないのです)。

 

懇親会 19:00- 20:00 フォーラム終了後、同会場内にて懇親会を行ないます。             お申込み不要/参加費無料。

登壇者や協賛企業の方々との名刺交換や、お話ができる貴重な機会です。ぜひご参加ください。ソフトドリンクもご用意しています。

*閉館後の図書・情報館をゆっくりご覧いただける特別見学会のあと、あらためて会場にお戻りください。お申し込みは不要です。

 

ブース展示 

会場フロアにて、協賛企業・団体によるブース展示を実施します。
各社の製品やサービスを体験し、担当者と直接お話しいただけます。

 

見学ツアー   

   ① 市立小樽図書館 7月5日(金)14時

   ② 北海道大学附属図書館 7月5日(金) 第1回 14時 / 第2回 14時半 / 第3回 15時 / 第4回 15時半        7月7日(日)終日自由見学(9時~19時)

           ③ 札幌市図書・情報館 7月6日(土)第1回 11時 / 第2回 11時半 /  第3回 特別見学会 18:05~18:55(実際に本棚を作った司書の方ともお話しして頂けます)

           ④ 北海道立図書館   7月7日(日)11時

 *それぞれ、このページ最下のWEBフォームよりお申込み下さい。

 

その他の市内図書館情報

以下ふたつとも魅力的な専門的な図書館です。
特にツアーは組みませんのでご自由にどうぞ。
えほんは17時まで、ふきのとうは16時までですので、
どうぞご確認の上、いらっしゃってください。

 

札幌市えほん図書館(札幌市の図書館の分館です)
http://www.city.sapporo.jp/toshokan/ehon/index.html
図書・情報館の二年前にオープンした、絵本の専門館です。

ふきのとう文庫(公益財団法人が運営しています)
http://fukinotou.org/
珍しい布絵本がいっぱいあります。

 

関連行事 北海道図書館研究会 7月7日(日) 9:30~18:00

広大な北海道には地域の特色を活かしたユニークな図書館がたくさんあります。
「オール北海道」をモットーに、図書館員はもちろん、さまざまな形で本に関わる人々が集まる“つどい”を開催し、地方からの生の声を皆さんにお届けします。詳しくはこちらから

  • 会場:札幌市かでる2.7 1040会議室(札幌市中央区北2条7丁目 道民活動センタービル)
  • 資料費(参加費):2,000円〈当日お支払いください〉
  • 参加申込み: 満席により受付〆切とさせていただきました。

 

 

フォーラムin札幌への参加お申込み

下の[確認する]ボタンを押し、次の画面をスクロールしたいちばん下で申込みの内容を確認し、さらに[送る]のボタンを押して、受付完了です。