2019年9月25日 (水)

展示会場内スピーカーズコーナー、メーカーズ・ラボで、開催されるイベントをご紹介します。「大きな会場ではちょっと質問しにくくて…」という方におすすめです。登壇者と近い距離で、“濃いコミュニケーション”をつくってみませんか。
※スピーカーズコーナーの会場は2か所あります(A・B)。ご留意ください。

時間割はこちら

 

〓〓〓〓 連日開催 〓〓〓〓

◆貸出冊数・利用者数を増やす「絵本ヒーローショー」

(主催:本のヒーローダクシオン)
「読み聞かせ」と「ヒーローショー」が融合! イベント後も継続して、貸出冊数・利用者数を増やすプログラム
11月12日・13日・14日各10:30~11:15 /11月12日14:15~15:00〈A会場〉


◆ねこざかな握手会

(主催:フレーベル館)
フレーベル館のキャラクター“ねこざかな”が登場します。握手&撮影もOKです! ぜひ、お越しください!!
11月12日・13日・14日 いずれも13:00~13:45〈出版社イベントスペース〉

 

 

〓〓〓〓 11月12日開催 〓〓〓〓

◆手品を図書館に!~図書館グッズの斬新なつかい方~

(主催:図書館総合展運営委員会)
女子大生マジシャンが、図書館グッズを使った手品を披露します!図書館グッズの新しい一面が知れるかも?
11月12日11:45~12:30〈B会場〉

 

◆「科学道100冊 2019」の裏側、全部見せます!

(主催:理化学研究所・編集工学研究所)
会場で100冊の本をご覧いただけるほか、ブックレットやグッズも配布します。
11月12日11:45~12:30〈メーカーズラボ〉

 

◆英語でおはなし会「英語えほんライブ」

(主催:かぞく英語研究所)
図書館向け英語おはなし会「英語えほんライブ」今年は連日開催。英語サービス充実に!

11月12日11:45~12:30〈A会場〉/ 11月13日11:45~12:30〈B会場〉/ 11月14日14:15~15:00〈A会場〉

 

◆マンガを図書館に! ~学校図書館を中心に~

(主催:YAカレント同好会〈株式会社DBジャパン〉)
図書館資料としてのマンガの有益性について、日本図書館協会学校図書館部会長の高橋恵美子先生が解説。
11月12日13:00~13:45〈B会場〉


◆『公共図書館でできる知的障害者への合理的配慮』刊行記念「知的障害のある人が利用したくなる図書館とは?」

(主催:樹村房)
知的障害者が図書館に求める合理的配慮を、2016年から現在にわたって実施している取り組みや調査から報告します。
11月12日13:00~13:45〈A会場〉


◆布の絵本の「基本の縫い方」講習会

(主催:東京布の絵本連絡会)
布の絵本「おはよう おやすみ」6場面のうち1ページを作成しながら基本を学びます。
11月12日13:00~15:00〈メーカーズ〉


◆「読書(本)の魅力とゲームデザイン~『ALTER EGO』にみる本とゲームの幸せな関係!?~(仮)」

ゲスト:大野真樹(株式会社カラメルカラム)、聞き手:高倉暁大(熊本県立大学図書館)、石田喜美(横浜国立大学)
11月12日15:00~15:50〈図書館とゲーム部ブース〉

 


◆「漢詩(漢文学)入門としてのゲーム~『Lyrica~陽春白雪』(ゲームアプリ、Switch)で迫る漢詩の魅力~」

ゲスト:高芝麻子(漢文学・横浜国立大学)、聞き手:高倉暁大(熊本県立大学図書館)、石田喜美(横浜国立大学)
11月12日(火)16:10~17:00〈図書館とゲーム部ブース〉

 

◆写真版LLブック第3作『旅行に いこう!』刊行記念トークライブ

(主催:樹村房)
知的障害のある人たちの意見を反映させた本書の特徴や制作中のエピソードを、当事者の感想を交えて紹介します。
11月12日15:30~16:15〈A会場〉


◆図書展示入門ワークショップ

(主催:(公財)東洋文庫)
図書資料を活用した展示の企画、実施に関わるさまざまな実例を、実作業体験もまじえてご紹介いたします。参加費(材料費)500円、要事前申込み。
11月12日15:30~17:30〈メーカーズラボ〉

 

◆全国大学ビブリオバトル地区決戦 関東Cブロック

(主催:帝京大学メディアライブラリーセンター/協力:紀伊國屋書店)
全国大会(首都決戦)を目指して、各大学のバトラーが熱い書評合戦を繰り広げます。観覧自由。ぜひ会場へ!
11月12日16:00~17:30〈B会場〉

 

◆トサケンセミナーin図書館総合展2019 「図書館界のPR戦略を見直す~上部団体のビジュアルデザインはこれでいいか~」[会場内 スピーカーズA]

(主催:図書館サービス計画研究所)
11月12日16:45~17:45〈A会場〉

 

 

〓〓〓〓 11月13日開催 〓〓〓〓

〈共読ライブラリー〉プロデュース「駒形克己の色覚ワークショップ」

(主催:帝京大学メディアライブラリーセンター)
絵本を通して世界で活躍する造本作家、駒形克己さんと一緒に「色」と出会い直す90分。
11月13日10:15~11:45〈メーカーズ〉

 

◆「図書館たほいや」ゲーム体験

(企画運営:図書館たほいや普及委員会)
11月13日(水)11:00~12:00〈図書館とゲーム部ブース〉

 

◆英語でおはなし会「英語えほんライブ」

(主催:かぞく英語研究所)
図書館向け英語おはなし会「英語えほんライブ」今年は連日開催。英語サービス充実に!

11月12日11:45~12:30〈A会場〉/ 11月13日11:45~12:30〈B会場〉/ 11月14日14:15~15:00〈A会場〉

 

◆「図書館」を学ぶときの親身な教科書は、何処にある? ―三部作「キイノート」と解答・解説篇の、試み―

(主催:樹村房)
分類法・目録法・検索法の「キイノート」と、その解答・解説篇「サブノート」での試みを、著者が縦横に語ります。
11月13日12:15~13:00〈メーカーズ〉

 

◆Bibliobattle of the Year 2019

(主催:ビブリオバトル普及委員会)
ビブリオバトルに関わるユニークな活動を会員同士で発見し合い、それらの活動を多くの人に周知することで、全国の活動を盛り上げていくことを目的に、2016年に創設した賞です。
11月13日13:00~13:45〈A会場〉

 

◆ライトノベル・ライト文芸が分かる! ~レファレンス用索引づくりで見えてきた作品トレンド~

(主催:株式会社DBジャパン)
司書の方のアンケートでダントツ関心事のライトノベル・ライト文芸の特徴を分析。他では聞けない作品トレンドを大公開!
11月13日13:00~13:45〈B会場〉

 

◆TRPG体験ワークショップ「みんなでダンジョン!」

11月13日(水)13:00~14:00〈図書館とゲーム部ブース〉


◆災害と図書館 防災ワークショップ 「 災害発生!あなたならどうする?」

(主催:国立研究開発法人防災科学技術研究所、共催:図書館総合展運営委員会)
「もし、勤務中に災害が起きたら?」体験者の事例をもとに、災害発生時の状況判断を参加者に問います。
11月13日13:30~14:30〈メーカーズ〉

 

◆アカデミックシアター ~知の実験と冒険を楽しむ遊び場~

(主催:近畿大学中央図書館)

「本」をテーマに活動している学生が、アカデミックシアターと中央図書館の世界に招待します。
11月13日14:15~15:00〈A会場〉

 

◆図書館キャラクター交流会

(主催:図書館キャラクターGP実行委員会)
11月13日14:15~15:30〈B会場〉

 

◆翻訳シールを使った「絵本を届ける運動」絵本づくりワークショップ

(主催:シャンティ国際ボランティア会)
11月13日15:30~17:00/11月14日13:00~14:30〈メーカーズ〉
日本の絵本に翻訳シールを貼り、児童書が不足するアジアの子どもたちに届ける絵本を作成します。

 

◆『図書館のための災害復興法学入門――新しい防災教育と生活再建への知識』刊行記念トーク+グラフィックレコーディング

(主催:樹村房、共催:図書館総合展運営委員会)
被災者の生活再建のために図書館が担える役割とは何でしょうか。地域を支える情報拠点という視点から提示します。
11月13日15:30~17:00〈Å会場〉

 

◆理想の学校図書はなぜできないのか?

(主催:学校図書館総合研究所)
学校図書館が利活用されるための理想の施設整備と、それが実現できない要因について参加者と語り合います。
11月13日16:00~17:00〈B会場〉

 

 

 

〓〓〓〓 11月14日開催 〓〓〓〓

◆こんなに使える!NWECパッケージ貸出サービス

(主催:国立女性教育会館)
男女共同参画に関する資料をテーマ毎のパッケージで貸出しています。活用事例とともにご紹介します。
11月14日11:45~12:30〈A会場〉

 

◆トークショー「アート、メディアの視点から考える知財教育」

(主催:アートミュージアム・アンヌアーレ実行委員会)

著作権、特許、商標権といった知的財産権については、何となく知ってはいるものの、どうしてそのような権利が必要なのか、文化芸術の発展にどんな役割を果たしているのか、どれほどの人が正しく理解しているでしょうか? このたび晶文社から、知的財産権について中高生向けに紹介する画期的な書籍が出版されます。各章には谷川俊太郎、草刈民代といったビッグネームが並びます。いったいどんな本なのでしょうか?本書の著者の1人である共同通信社の内田朋子と、アートの章に登場する前東京国立美術館長の神代浩が、本の紹介はもちろんアートの世界における著作権の役割や最近のアート事情について、縦横に語ります。

11月14日10:30~11:30〈メーカーズ〉

 

◆英語で工作ワークショップ

(主催:かぞく英語研究所)
英語で工作にチャレンジしていただき、そこで作ったシェイカーを英語おはなし会で活用する方法もご案内する一石二鳥のワークショップです。
11月14日11:45~12:30〈メーカーズ〉

 


◆とある中堅? 大学出版職員たちと図書館情報学者のゆるトーク

(主催:東京大学出版会・京都大学学術出版会・図書館総合展運営委員会)
大学出版会で働く30代の中堅編集者・営業担当者等をお呼びし、ゆるやかなトークを行います。
11月14日13:00~13:45 / 14:00~14:30〈A会場〉


◆ なにから読めばいい?海外マンガを図書館に入れるとき~ティーンズを対象にして~

(主催:としょけっと)
聞き手:みさき絵美(としょけっと)
11月14日13:00~13:45〈B会場〉

 

◆翻訳シールを使った「絵本を届ける運動」絵本づくりワークショップ

(主催:シャンティ国際ボランティア会)
11月13日15:30~17:00/11月14日13:00~14:30〈メーカーズ〉
日本の絵本に翻訳シールを貼り、児童書が不足するアジアの子どもたちに届ける絵本を作成します。

 

◆「地域の中核図書館に求められる機能としての地域資料・情報発信や、美術館・資料館との連携での工夫とは?」

~映像化による地域のアーカイブの有効活用と、AI-chatbot(チャットボット)活用による”つなぐしくみ”づくり~

(主催:内田洋行)
11月14日14:15~15:00〈B会場〉

 

◆英語でおはなし会「英語えほんライブ」

(主催:かぞく英語研究所)
図書館向け英語おはなし会「英語えほんライブ」今年は連日開催。英語サービス充実に!

11月12日11:45~12:30〈A会場〉/ 11月13日11:45~12:30〈B会場〉/ 11月14日14:15~15:00〈A会場〉

 

◆キットパスでウェルカムボードを作ろう!

(主催:図書館総合展運営委員会)
11月14日15:30~17:30〈メーカーズ〉

明日から使えるウェルカムボードを総合展会場で作ってみませんか?

図書館総合展の三日目にキットパスをつかって広報に使えるウェルカムボードをつくるメーカーズラボ企画、まだまだ申し込み可能です。
今年は色画用紙の「本」をプラス!繰り返し使えます。お知らせの掲示やイベントのPRにお役立てください。

もちろん、絵が得意な方でなくても興味がある方ならば、一から丁寧に教えます。どなたも大歓迎です。

講師:nookworks
所要時間:120分程度
 

 

◆図書館未来フェス 2019~当事者によるホンネの連続登壇トークショー~[会場内 スピーカーズB]

(主催:図書館サービス計画研究所)

11月14日15:30~17:30〈B会場〉