今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

2019年10月31日 (木)

公共図書館でできる知的障害者への合理的配慮
藤澤 和子 編著
B5判/194頁/本体2,300円+税/2019年11月25日刊行
*イベント当日、先行販売します。

 

2016年から現在にわたって、障害者支援や図書館情報学を専門とする人たちと3館の図書館が協力して実施している公共図書館でできる合理的配慮の取り組みや、当時者が公共図書館に求めるサービスについてお話します。何をどのように行うのかという具体的な方法、実施した成果や課題について報告します。

日時:11月12日(火)13:00~13:45

場所:スピーカーズコーナーA会場

講師:藤澤 和子(大和大学保健医療学部教授)
   吉田 くすほみ(公益財団法人 大阪特別支援教育振興会、言語聴覚士)

お申し込み・お問い合わせはこちらから。

株式会社 樹村房
http://www.jusonbo.co.jp/