今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

U-PARLは東京大学附属図書館に設置された新たな研究部門です

U-PARL(アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門/Uehiro Project for the Asian Research Library)は、上廣倫理財団の寄付を得て2014年に設立された、東京大学で初めての附属図書館に属する研究組織となります。

東京大学附属図書館は、現在、新図書館構想のもと、図書館の改革に取り組んでおります。その柱の1つが、2020年の開館を目指すアジア研究図書館の新設です。U-PARLでは、専門の研究者がアジア研究や図書館研究を実践しながら、アジア研究図書館の構築に向けた様々な支援を行っております。

U-PARLには、様々な分野、地域、時代を専門とする研究者が集まっていますが、それはそのまま、アジア研究図書館構想と重なっています。アジア全域を対象とする研究図書館は、研究所附属図書館以外の大学図書館としては、わが国初の試みです。アジアというタームのもと、広い地域、時代にわたる資料が集まり、多様な学問分野が結びつき行き交う場をつくっていく、その歴史的な最初の一歩を、U-PARLは踏み出しているところです。

 <スタッフの滞在時間>

  • 10月30日(火):14時30分〜15時30分
  • 10月31日(水):11時00分〜12時00分,14時00分〜15時00分
  • 11月01日(木):12時00分〜13時00分

*フォーラム第6会場(2018年11月01日 (木)15:30 - 17:00)「東アジア図書館とデジタルアーカイブ」でも発表させて頂きます。

 

PDF icon 34_2018poster.pdf

図書館総合展 2018

掲示番号

34

出展団体

東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)

webサイト

http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp

twitter

https://twitter.com/U_PARL