名刺交換で、終わらない関係を。
LibrarianMapは、「各自の経験、知識、スキルを「見える化」することで、所属機関を超えてネットワークを広げるとともに、国大図協の人的リソースを最大限に活用すること」を主たる目的としたサービスです。令和3年度国立大学図書館協会東京地区協会総会にて、東京地区地区協会助成事業として継続されることが了承されました。

オンラインイベント開催「突撃!隣の図書館員~LibrarianMapでスキルアップを考えよう~」

以下のとおり、オンラインイベントを開催いたします。図書館員としてのスキルアップや発信に興味のある方、ぜひご参加ください。

日時:2021年11月24日(水)14:00-15:45
対象:国立大学図書館職員
パネリスト:小畑真理絵氏(東北大学附属図書館)/小山荘太郎氏(三重大学国際・情報部)/大橋拓真氏(東京大学経済学図書館)

※イベントの詳細・参加申込はフォーラムページをご覧ください。


LibrarianMapデモ版(公開中)

まだLibrarianMapに登録していない方や、国立大学図書館職員以外の方でLibrarianMapに興味をお持ちの方に実際の画面を見ていただくため、デモ版をご用意しました。利用者登録やページの編集等はできませんが、運営メンバーのページをサンプルとしてご覧いただけます。

LibrarianMapデモ版

※一部の機関のネットワークからは、セキュリティ設定によりアクセスできない場合があります。


LibrarianMapご意見箱(2021.11.12設置)

ポスターやLibrarianMapデモ版をご覧いただいた皆様に、ご意見や感想をお寄せいただくフォームです。以下のリンクからアクセスできます。LibrarianMapの今後の発展のため、お気軽にご回答いただけますと幸いです。

LibrarianMapご意見箱


よくある質問

Q:LibrarianMapはどんなときに役に立ちますか?
A:業務のことで館内に聞ける人がいないとき、研修で出会ったあの人の消息が知りたいとき、先輩や上司のこれまでのキャリアを知りたいとき、あるテーマで講演依頼をする人を探したいとき、などなど、多くの場面で活用していただけます。

Q:LibrarianMap登録希望の場合、まず何をしたらよいでしょうか?
A:LibrarianMapの代表アドレス(admin@librarianmap)にご連絡ください。

Q:登録できるのは国立大学図書館の職員だけですか?
A:国立大学図書館協会内の事業として発足したこともあり、基本的には国立大学図書館の職員のみ登録可能です。

Q:国立大学図書館以外の職員でも登録できますか?
A:LibrarianMapの代表アドレス(admin@librarianmap)にご相談ください。

Q:国立大学図書館以外の職員でも閲覧できますか?
A:国立大学図書館の職員のみ閲覧可能ですが、現在デモサイトを公開中です。上記の「LibrarianMapデモ版」のリンクからご覧ください。

Q:マイページの編集が面倒なのですが、もっと簡単になりませんか?
A:基本情報を簡単に埋められる登録用フォームや、マニュアル等を用意しています。是非ご活用ください。

キーワード
対象
国立大学図書館協会会員館
イベントの有無
有り
メールアドレス
admin@librarianmap.org

関連フォーラム