開催日時
-
開催方法
Zoomオンデマンド配信
Live/録画公開
録画公開
事前申込要不要
定員
500
forum02_top

 

※受付は終了しました※

視聴をご希望の方は、ページ下部のお問合せボタンよりお願いいたします

 

本フォーラムでは、基調講演として慶應義塾大学 文学部図書館・情報学専攻 准教授 福島幸宏氏をお招きして、デジタルアーカイブについての基本的な考え方とともに、今後の図書館システムとデジタルアーカイブの関係について講演いただきます。
フォーラムの後半では、京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)から、利用者様により便利に活用いただくことを目指したデジタルアーカイブの取り組みをご紹介します。歴史的資料のみではない、図書館を取り巻く環境をどのようにデジタル化し、蓄積していくか、「一元化」というキーワードから概観いたします。

 

デジタルアーカイブと図書館システムの未来

素材①
デジタルアーカイブについての基本的な考え方を示すとともに、今後の図書館システムとデジタルアーカイブの関係について検討します。

 福島准教授

慶應義塾大学 文学部 図書館・情報学専攻
准教授 福島 幸宏氏

≪プロフィール≫

1973年高知県生まれ。
日本近現代史、アーカイブズ、デジタルアーカイブ、図書館情報学。京都府立総合資料館・京都府立図書館に勤務後、東京大学大学院情報学環特任准教授を経て現職。日本歴史学協会常任委員、デジタルアーカイブ学会理事、日本アーカイブズ学会委員など。

 

「 DX 」×「 図書館 」 = 新しい図書館のカタチ
 ~デジタルアーカイブの活用~

素材①
歴史的資料のみではない、図書館を取り巻く環境をどのようにデジタル化し、蓄積していくか。
KCCSが利用者様により便利に活用いただけることを目指したデジタルアーカイブの取り組みを、「一元化」というキーワードから紹介します。

京セラコミュニケーションシステム 平手

京セラコミュニケーションシステム株式会社
ICT事業本部 文教医療ソリューション事業部
文教医療営業部 
シニアエキスパート 平手 康裕

 

 

お問合せ


※視聴をご希望の方はお問合せよりお願いいたします

 

キーワード
開催年
2021
主催
京セラコミュニケーションシステム株式会社
登壇者

慶應義塾大学 文学部 図書館・情報学専攻
准教授 福島 幸宏氏

京セラコミュニケーションシステム株式会社
ICT事業本部 文教医療ソリューション事業部
文教医療営業部 
シニアエキスパート 平手 康裕

 

関連フォーラム

関連ブース