開催日時
-
開催方法
Zoomオンデマンド配信
Live/録画公開
録画公開
事前申込要不要
定員
500
forum04_top

 

※受付は終了しました※

視聴をご希望の方は、ページ下部のお問合せボタンよりお願いいたします

 

本フォーラムでは、今年2月に提供が開始されたAI蔵書管理サポートサービス「SHELF EYE」の具体的なサービスについてYouTube動画を交えてご紹介します。
「SHELF EYE」は当社ユーザーである船橋市西図書館様で実証実験を行って参りました。
実証実験を経て得られた知見や、図書館の業務がどのように変化するか等、具体的な様子や今後の展望について解説いたします。


 

「 DX 」 × 「 図書館 」 = 新しい図書館のカタチ
  ~「SHELF EYE」 AI蔵書管理サポートサービス(AIによる蔵書管理、利用者サービスの変革)~ 素材①


提供が開始された、SHELF EYEの具体的なサービスや実証実験を経て得られた知見や、図書館の業務がどのように変化するか具体的な様子今後の展望について解説します。

alt="KCCS長野伸幸"

京セラコミュニケーションシステム株式会社
ICT事業本部 文教医療ソリューション事業部
事業部長 長野 伸幸

 

 

お問合せ


※視聴をご希望の方はお問合せよりお願いいたします

 

 

キーワード
開催年
2021
主催
京セラコミュニケーションシステム株式会社
登壇者

京セラコミュニケーションシステム株式会社
ICT事業本部 文教医療ソリューション事業部 
事業部長 長野 伸幸

 

関連フォーラム

関連ブース